結婚したときの保険は共働きと妻が専業の場合で違う。それぞれのケースに合わせた保険選び。

結婚したときは生活が変わるきっかけになる場合が多いですが、色々な準備する中で保険選びも大切なことです。保険選びと一言で言っても、夫婦共働きの場合と妻が専業主婦の場合とでは選ぶ保険も違ってきます。そこで、それぞれのケースに合わせた保険の選び方をご紹介します。

共働きと場合と専業主婦の場合

それぞれのケースにあった保険は次の通りです。

夫婦共働きの場合

夫婦共働きの場合は、医療保障を中心に保険を選びましょう。もし、夫に万が一のことがあったとしてもすぐには生活が困るわけではないので、医療保障を手厚くしながら、お葬式代とお墓代で200万円から300万円をプラスした死亡保障を組むといいでしょう。医療保障も一生涯の保障があれば安心です。

妻が専業主婦の場合

共働きと場合とちがい、妻が専業主婦の場合は、死亡保障を手厚くしなければなりません。夫の死亡がすぐに生活に直結するからです。妻が実家に帰れるか、すぐに働き口があるかどうかで死亡保障の額が変わってきます。もし、妻が一人になった後の生活を想像してみて選ぶ保険を考えましょう。また、死亡保障の他にも掛け捨ての収入保障をつければ安心できます。

まとめ

夫婦共働きと専業主婦の一例を紹介しましたが、夫婦の考えによって選ぶ保険は違います。大切なのは、結婚を機会に今までの保険を見直し、それぞれの生活に合わせたライフプランを話し合うことでは無いでしょうか?